犬の長持ちおやつ『ひづめ』は危険がいっぱいなので注意!

vol.000095 / 公開日:2021年7月16日

生活・成長・困った

牛や馬の「ひづめ」はとても危険!もしも与えるのであれば、メリットとデメリットを知ったうえであげてください。琥大朗は「ひづめ」で奥歯がかけてしまい、獣医師からも「ひづめ」は良くないという話を聞きました。

おもちゃやトイレカバー、ケージの床などなど、なんでもカミカミして破損の日々。トイレカバーなんて新調した翌日には、お留守番している間に網の部分が1/4ぐらい噛み砕かれてなくなっていることもしばしば。
木製やロープの固めのおもちゃを買ってもすぐにダメになってしまうので、1歳半ごろから「ひづめ」を与えていたところ、良いことよりも悪いことだらけで今では琥大朗には「ひづめ」を与えていません。

当時の琥大朗の様子はこちら

トイレはいつもこんな感じで穴が...

琥大朗のトイレ

壁紙ははがされてしまってボロボロ...

壁紙

「ひづめ」のメリットとデメリット

▽メリット

  • 安くて硬いので、コスパ的には最高!
  • おやつがすぐになくならないので、「もっとちょうだい!」がない
  • 家具や壁、おもちゃ、トイレなどの破損が減った
  • カミカミしている間は特におとなしい
  • 歯磨き効果もあり、歯石を落としてくれる

▽デメリット

  • とにかくにおいが気になる
  • 砕け散った「ひづめ」を掃除機で吸うと、日常の掃除でも掃除機から悪臭がする
  • 歯のダメージが半端なく、ひび割れの原因になる(←最も危険!)
  • 歯の表面のエナメル質までもが削られてしまう

においがあまりにもきつい

カミカミしているときは、においがきつくて部屋中動物園のにおい。。
スモークのひづめなら、気にならないですが、噛んだ際にボロボロと粉末状に落ちてソファーや床、ケージ内のものにくっつき、時間が経つとなんとも独特なにおい。
しまいには掃除機のフィルターも臭くなってしまい、掃除するたびにくさい。。もしも愛犬に与えるのでしたら、燻製タイプの「ひづめ」だったら、においが抑えられます。

あまりにも硬いので、琥大朗の奥歯も欠けてしまった

割れて血が出てました...

琥大朗の割れた歯

病院の先生にきいてみたところ、「ひづめ」のような固いものは絶対に与えてはいけないらしく、与えて良い硬さの目安は「はさみ」で切れるかどうかだそうです。

もう割れてしまったものはやむを得なく、人間のように被せたり埋めたりはせずに、放置するか抜くかのどちらかの選択しかないそうです。もしもそこから菌が入ってしまったりすると、口の奥が化膿して貫通する病気になることもあるので、菌が入らないように歯ブラシを念入りにお願いします!と言われました。

歯磨き頑張らなければ...(;^_^A
歯磨きについては、また別記事で投稿します!

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.kotaro-shiba.com/mt/mt-tb.cgi/92

コメントする

Follow me!